ITIL®4

【オンライン研修】
ITIL® 4 Create, Deliver and Support(CDS)(作成・提供・サポート)
(21PDU)(試験付き)

(コースコード EPO8005OL)

対象者

  • ITを使ったサービスマネジメントの業務運営の設計や改善を行うITマネージャーや実務レベルの担当者の方
  • チーム横断的なサービスマネジメント業務設計や改善の方法を習得したいITマネージャーや実務レベルの担当者の方
  • IT業務で顧客やユーザの価値につながっていない部分や非効率な部分を見つけて改善したいITマネージャーや実務レベルの担当者の方

Features

本研修は有償のオンライン研修です。

本研修は、ITサービスを作成したり提供したりするための一連のステップの集合である「バリューストリーム」の設計や改善の方法を習得します。ITを活用した製品やサービスを作成、提供、サポートするためのさまざまなバリューストリームや活動を統合する方法を、演習を交えて学習します。 ITを使ったサービスマネジメントの業務運営の設計や改善を行う方、またチーム横断的なサービスマネジメント業務設計や改善の方法を習得したいITマネージャーや実務レベルの担当者の方に最適な内容です。
この研修を修了し認定試験に合格して取得できるITIL® 4 Specialist Create, Deliver and Support資格は、ITIL® 4 Managing Professionalの認定を受けるための必要条件の一つに含まれます。
ITIL® 4の資格体系の詳細は、「ITIL®︎ 4認定資格と書籍のご紹介」をご参照ください。

本研修の特長

  • 本研修は正式な認定教育として認定されている研修プログラムです。
  • PMP®継続認定プログラムの要件として、21PDUを申請取得できます。(本研修は、PMP®受験資格とはなりませんのでご注意ください)
  • 本研修は試験付きです。試験はオンライン試験のみとなります。「試験ガイド」を参照して事前にオンライン試験の要件をご確認ください。
  • 研修は日本語の教材と講師で実施します
  • 試験は英語試験となります。日本語試験が開始された場合は日本語試験となります
  • 初回の試験には公式書籍(電子書籍版)がバンドルされます。公式書籍(電子書籍版)はPEOPLECERTから提供されます(当面は英語書籍のみとなります)
  • 1名様から開催確定します。

本研修に参加すると、以下のことが学習、習得できます。

  • ITを活用した製品やサービスを作成、提供、サポートするためのさまざまなバリューストリームや活動を統合する方法を理解する
  • ITを活用した製品やサービスを作成、提供、サポートするためのプラクティスやツールを理解する
  • サービスのパフォーマンスや品質の改善手法を理解する
  • ITIL® 4 Specialist Create, Deliver and Support (CDS)(作成・提供・サポート)認定資格を取得できます

オンライン研修の特徴

  • 研修は全編オンライン上で行います。PCとインターネット環境があればご自宅やオフィスからご参加いただけます。
  • 講義はリアルタイムで認定講師により行います。質問にもその場でお答えします。
  • 教材は事前にレターパックライトにてお申し込みフォームにご記入いただいた住所へお届けいたします。お申し込み時の住所は教材送付先を指定してください。また送付先に変更がある場合はサービスデスク(servicedesk@eplugone.com)までご連絡ください。

参加に必要なシステム要件や環境設定などの詳細は、本ページの中ほどおよび下部にあるオンライン研修ガイドをご覧ください。

期間 オンライン研修:3日間
研修時間:9:30〜18:00
価格 308,000円
(税込、受講者お一人の料金)
コース受講料と、ITIL® 4 Specialist Create, Deliver and Support(CDS)(作成・提供・サポート)認定試験の受験料を含みます。受験料以外の試験費用(試験予約の変更やキャンセルにかかる手数料等が発生した場合)はお客様の負担となります。
再試験は受講後1年以内に受験した場合に1回のみ無償となります。理由に関わらず受験せずに受験の権利が失効した場合は無償再試験は適用されません。
2回目以降の再試験は受験料として49,500円(税込)をいただきます。
開催日 2022/8/31-9/2、2022/10/5-7、 2022/10/31-11/2、2022/12/21-23、2023/1/11-13、2023/3/1-3 のいずれか
ITIL®4 認定講習スケジュール
前提条件
  • ITIL® 4ファンデーション認定を取得していること
    (お申し込み前に、認定資格を取得済みか確認してください。)
  • オンライン研修の受講環境が準備できること。受講環境の詳細は本ページの中ほどおよび下部にあるオンライン研修ガイドをご覧ください。
  • オンライン試験の受験環境が準備できること。「試験ガイド」を参照して事前にオンライン試験の要件をご確認ください。
トレーニング形式 オンラインでの講義、演習またはディスカッション、試験対策。試験は後日受験します。
1開催あたりの受講者様の人数:1名から20名まで
試験について
  • 本研修はITIL® 4 Specialist Create, Deliver and Support(CDS)(作成・提供・サポート)認定試験を含みます。
  • 試験は英語試験となります。日本語試験が開始された場合は日本語試験となります
  • 試験はPEOPLECERTオンライン・プロクタリング試験(オンライン試験)で受験します。他の受験方法はありません。オンライン試験の運営はPEOPLECERTになりますので、PEOPLECERTの規定に従ってください。
  • 試験ガイド」を参照して事前にオンライン試験の要件をご確認ください。
  • 試験は研修とは別日程で受験します。受験方法は研修コース中に講師より説明します。
  • 試験の形式は、90分間、4択問題が40問、資料持ち込みは不可、合格点は40点満点中28点(70%)以上が合格となります。
カリキュラム詳細
    ※以下の内容について講義や演習を含めて実施します
  1. ITIL®4 Specialist Create, Deliver & Support (CDS)の概要
  2. サービス・バリューストリーム
    • ITILサービス・バリューストリーム
    • バリューストリームの検討事項
    • バリューストリームの設計
    • 新規サービス作成のバリューストリーム・モデル
    • 本番稼働中のサービスの回復のバリューストリーム・モデル
    • 関連する管理プラクティス
  3. サービスバリューストリームに適用できる様々な手法
    • バリューストリームマッピング
    • サービス提供活動の効果的な管理方法
    • ソーシング
    • サービスの統合と管理
  4. サービス管理へのIT技術の活用
    • サービスマネジメント・ツール
    • 統合とデータ共有
    • レポーティングと高度な分析
    • 継続的インテグレーション、継続的デリバリー、継続的デプロイ
    • コラボレーションとワークフロー
    • ロボティック・プロセス・オートメーション
    • 人工知能
    • 効果的な情報モデルの価値
  5. サービスバリューストリーム全体にわたる課題の管理
    • 組織構造と人材
    • コラボレーション(協働)
    • カルチャ
    • 要員計画
    • コラボレーションとワークフロー
  6. 試験対策として研修内で模擬試験を実施します。
    認定試験は研修終了後に別日程で受験します。

    ※カリキュラム全体の内容は変わりませんが、順序など詳細は変更となる場合があります。

ITIL®4のコース一覧