【eラーニング研修】
ITIL® 4事業関係管理(BRM)
(試験付き)

(コースコード EPO8102EL)

対象者

  • ビジネス側の利害関係者である顧客やスポンサとのより良い関係を構築して維持することを実現したい方
  • 事業関係マネージャといった事業関係関係管理の役割を担う方
  • サービス・オーナやプロダクト・オーナといった事業関係管理の役割を担う方
  • ITIL®4 BRMプラクティスで使われる用語、技法、BRMの活動、BRMの能力の開発についての確かな知識と理解を有していることを実証したい方

Features

本研修は有償のeラーニング研修です。

ITIL®4 Specialist 事業関係管理(BRM)は、ITIL®4認定資格体系ではExtension Moduleの1つとして位置付けられています。ITIL®4 BRM研修の目的は、ITIL®4サービスマネジメント・フレームワークの全体的な背景状況の中で、効果的なBRMプラクティスをサポートし、実現可能にする主要な概念、モデル、ツールを理解することです。
ITIL®およびITサービスマネジメント業界が発展するにつれ、ITインフラを管理する社内のIT機能に焦点を当てたものから、ITサービス・プロバイダとITサービス消費者として行動するビジネス組織とのサービス関係に移行してきています。このサービス関係を成功させるために、関係管理のための専門的な組織能力の必要性が高まっています。

本研修の特長

  • 本研修は正式な認定教育として認定されている研修プログラムです。
  • 本研修は試験(英語試験)付きです。「試験ガイド」を参照して事前にオンライン試験の要件をご確認ください。
  • 学習者ワークブック、クイック・リファレンス・ガイド、公式電子書籍、模擬試験は英語版のみとなりますが、eラーニングコンテンツは日本語で学習することができます。(eラーニング上では、日本語スライドと英語スライドの両方を表示しています。)

本研修に参加すると、以下のことが学習、習得できます。

  • BRMの主要概念を理解できます。
  • BRMのバリューストリームとプロセスを理解できます。
  • BRMのモデルと技法の適用方法を知ることができます。
  • BRMの役割、スキル、組織ソリューションを理解できます。
  • 情報と技術がBRMをどのようにサポートし、実現するかを理解できます。
  • BRMにおけるパートナとサプライヤの役割を理解できます。
  • 組織でBRM能力を開発する方法を知ることができます。
  • ITIL®4 Specialist BRM認定資格を取得できます。

eラーニング研修の特徴

  • 研修は全編オンラインのCanvas LMS(Learning Management System)上で行います。PCとインターネット環境があればご自宅やオフィスから自己学習いただけます。
  • 自己学習をしていて質問があれば認定講師が電子メールにてお答えします。
  • 教材はすべてオンラインになります。

PEOPLECERT社のWebポータルにアクセスする必要があります。使用できるWebブラウザはChrome、Firefox、Microsoft Edge、Safariです。

期間 自己学習時間:15時間以上(模擬試験を除く)
価格 154,000円
(税込、受講者お一人の料金)
eラーニング受講料、ITIL®4 BRM 電子書籍(英語版)、学習者ワークブック(英語のみ)、クイック・リファレンス・ガイド(英語のみ)、模擬試験x2種類(英語のみ)、ITIL®4 Specialist BRM認定試験(英語のみ)の受験料を含みます。
受験料以外の費用(試験予約の変更やキャンセルにかかる手数料等が発生した場合)はお客様の負担となります。 試験バウチャー発行後の研修のキャンセルはできません(受講を開始していない場合でもキャンセルできません)
再試験は受講後1年以内に受験した場合に1回のみ無償となります。理由に関わらず受験せずに受験の権利が失効した場合は無償再試験は適用されません。
2回目以降の再試験の受験料は66,000円(税込)です。
開催日 自己学習
前提条件
  • ITIL® 4ファンデーション認定を取得していること。
    (お申し込み前に、認定資格を取得済みか確認してください。)
  • eラーニングの受講環境が準備できること。PEOPLECERT社のWebポータルにアクセスする必要があります。使用できるWebブラウザはChrome、Firefox、Microsoft Edge、Safariです。
  • オンライン試験の受験環境が準備できること。「試験ガイド」を参照して事前にオンライン試験の要件をご確認ください。
トレーニング形式 eラーニング形式
PEOPLECERTのWebサイトに受講者様ご自身のPeopleCertアカウントを使ってアクセスして学習をします。
試験について
  • 本研修はITIL®4 Specialist BRM 認定オンライン試験(英語試験)を含みます。
  • 認定試験は「PEOPLECERTオンライン試験」のみです。試験の運営はPEOPLECERTになりますので、PEOPLECERTの規定に従ってください。
  • 試験ガイド」を参照して事前にオンライン試験の要件をご確認ください。
  • 認定試験はeラーニングで自己学習を完了した後に、受験者自身で日時を予約して受験します。
  • 試験の形式は、90分間、多肢選択問題が40問、資料持ち込みは不可、合格点は40点中26点(65%)以上
カリキュラム詳細
    ※以下の内容についてITIL®4 BRMのプラクティスを学びます
  1. コース・イントロダクション
  2. BRMイントロダクション
    • BRMの目的
    • BRMの範囲
    • BRMの価値
    • サービス関係
    • サービス関係ジャーニー
  3. バリューストリームとプロセス
    • ITIL®サービスバリュー・チェーン
    • サービスバリューストリーム
    • BRMプロセス
    • 有用なモデルと技法
  4. 組織と人材
    • 主なBRMの役割
    • 組織におけるBRMの役割の位置づけ
    • BRMに要求される重要なスキル
    • LACMTモデル
  5. 情報と技術
    • 自動化の種類
    • BRMのインプットとアウトプット
    • BRMの自動化
  6. パートナとサプライヤ
    • サービス関係の複雑さ
    • BRMにおける役割
  7. BRM能力の開発
    • ITIL®成熟度モデル
    • 事業関係能力のアセスメント
    • 能力開発
    • BRMプラクティスの継続的改善
  8. ※カリキュラム全体の内容は変わりませんが、順序など詳細は変更となる場合があります。